WISC知能検査について

「WISC検査を受けてみたい」
「WISCの結果の見方がわからない」
このようなお悩みはありませんか?WISC検査を受けてみたい。検査結果を理解して、活用したい。このようなことをお考えなのは、お母さんだけではありません。

WISC検査とは?

※WISC…Wechsler Intelligence Scale for Children-Fourth Edition
WISC-Ⅳは、世界で広く利用されている代表的な児童用知能検査で、5歳0ヶ月~16歳11ヶ月の子どもを対象としています。基本検査10項目と補助検査5項目、下記合計15の検査で構成されていて、4つの指標得点(言語理解 知覚総合 作動記憶 処理速度)とIQが算出されます。この結果から、子どもの知的発達を多方面から把握することが可能です。

■言語理解指標
 類似 単語 理解 知識 語の推理
■知覚推理指標
 積木模様 絵の概念 行列推理 絵の推理
■処理速度
 符号 記号探し 絵の抹消
■ワーキングメモリー指標
 数唱 語音整理 算数

 

WISCの目的、使い方

WISCは、周囲に 『どういう教え方や接し方が、この子にとってベストなのか?』 の方向性を示す役割をします。発達障害の児童にみられる様々な課題、特性を 「みんなと同じようにしたいけど、なんとなくできなくて、どうしたらいいかわからなくて困っている」 などの言い方で表現した時、なぜ困ってしまうのか?の原因に迫り、対策の指針を周囲の大人に教えてくれるもの。これがWISCに代表される知能テストの一つの使い方です。

WISCでわかることの一例

WISCなどの知能検査では、「強い経路」と「弱い経路」がわかります。物事を理解するときには「見ること」や「聞くこと」の能力を使いますが、この使い方について、両方をバランスよく使う子もいるし、得意な方だけを使い、苦手な方は補助的にしか使わない児童もいます。それは個性であって、一人ひとりみんな違います。しかし、あまりにもそのバランスが悪いと、日常生活の中で「みんなと同じようにできない」という形で現れます。

例えば、「聞くことで理解することが苦手な児童」を支援するに当たって、何も考えずにただ宿題をやりなさいと繰り返し指示をして、言葉だけで解説を続けても適切な対応とならないことは明らかです。「一見するときちんと聞いている様子なのになぜ理解が入らないのだろう?」と立ち止まって考えるとともに、WISC検査を活用すればさらにはっきりと、伝え方の工夫が必要なのか、それとも図などを使って見ることで理解する教え方を増やしていけばいいのか、指導の方向性をより明確に把握することができます。

特性に寄り添う支援の重要性

それぞれの特性に特別な配慮の無い中で集団生活をしていると、段々と不得意なことが嫌いになり、自信を失っていきます。これはとても勿体ないことです。最近も特性を有する人が東京大学に入学したことがニュースになっていましたが、この他にも、世界で活躍するプログラマーに発達障害を持つ人が決して少なくないことなどは度々話題となっています。私たちは、お子様に自信を身に付けていただき、将来の可能性を広げ、集団生活への適応や自立した生活に繋がる支援を目指す施設です。そのためにも 「いま、どんなことで困っているのか?」 詳しい検査で特性を把握する価値は非常に大きいものと考えています。

検査をご希望されるご家族様へ

提携する臨床心理士により下記サービスをご提供させていただいています。既にどこかで実施済の検査結果について、読み方や活かし方がよくわからないといったご相談については①で対応可能です。

①ご家族様を交えての個別相談(無料)
②WISC検査の実施と詳細な結果報告(10000円)

※WISC検査のみ、検査実施、報告書作成、別の日に再度集まって検査結果報告のように臨床心理士さんの作業量や時間拘束が大きくなる関係で、上記カッコ内の金額(実費の一部)のご負担をお願いしています。
※これらの個別対応については、ご要望に応じて随時日程を調整します。
※当施設をご利用されていないご家族のご相談にも対応しますので、お気軽にお問合せください。